GDPで景気が分かる?

投資に興味関心を持って見ると、自然と経済関係のニュースにも同時に興味を持つ方も増えてくるのではないでしょうか。
普通のニュースでも重要な経済関係の指標が発表されますよね。

そんな経済指標の中でも、今回は「GDP」についてご説明します。

GDPって何だ?

まず教科書的な説明をほんの少し。

GDPとはGross Domestic Productの頭文字で、日本語では”国内総生産”といいます。

国内総生産とは”国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額”(※)らしいです。
※内閣府WEBサイトより抜粋。

これではよくわかりませんが、一般の経済活動に例えてみればよく分かります。

たとえば胡蝶蘭の農家さんが愛情込めて胡蝶蘭を生産したとします。

非常に良い出来栄えで、3,000円で出荷できたとした場合には、農家さんに3,000円の富が発生します。

さらに農協などの卸売業者さんが3,000円で仕入れた胡蝶蘭をお花屋さんに5,000円で販売したとすると、仕入れ値の3,000円を引くと卸売業者さんには2,000円の富(※)が発生します。
※5,000円(販売額)-3,000円(仕入れ値)

このように国内で生産されたものが、いくらの富(付加価値)を発生させたかというのがGDPというわけです。

上記の例でいうと、胡蝶蘭の農家さんが手にした3,000円と卸売業者さんが手にした2,000円の合計5,000円がGDPにカウントされます。

GDPがプラスかマイナスか

今回は胡蝶蘭を例に出しましたが、植物でも食べ物でも洋服でも自動車でも家具でも、国内で生産されたものが国内で消費されるとどんどんGDPにカウントされていくわけですね。

日本国内の景気が良ければ一人ひとりの所得が多いので、高いモノが売れたり、多くのモノが売れたりしますのでGDPはプラスになるはずです。

逆に景気が低迷していると買い控えが起こったり、純国産のものではなく安い外国産のものを買ってみたり、今まで購入していたモノより安いものを購入したりします。

するとGDPは景気の良い時よりマイナスになってしまうんですね。

2種類のGDP

ということで、GDPがプラスかマイナスかで景気の動向が分かることは何となくご理解いただけたかと思います。

ただし注意点が一つ。

GDPには”名目GDP”と”実質GDP”の2種類があります。

たとえば消費税増税前の自販機って100円玉1枚あれば好きなジュースが買えましたよね。
でも最近の自販機は120円だったり130円だったりと値上げしていることが多いです。

この10年ちょっとの間にジュースの中身が驚くほど豪華になっていたり、量が値上げの分だけ増えました?
中身の質や量ってほとんど変わってないですね。

要は物価が上がっているから自販機のジュースも値上げされているんです。

このように企業が生み出した付加価値は何も変わらないのに、物価の上昇という理由だけでモノの価格が上がってしまうと実際に経済がどれだけ成長しているのかよく分かりません。

したがってGDPの発表の際は、物価の上下を考慮しない”名目GDPと物価の上下を考慮している”実質GDP”とを区別しているんですね。

名目GDPが低いままだと?

名目GDPとは物価変動を考慮していませんから、人気が出て販売量が増えても、販売量は変わらず物価上昇の分だけ価格が上がって売上が増えてもどんどんプラスになっていきます。

つまり名目GDPだけ見ていると

□生活が豊かになって消費者の財布が緩んでGDPが上昇しているのか

□生活が苦しいけど物価が上昇しているから仕方なくGDPが上がっているのか

よく分かりません。

したがって経済成長を見る場合には、名目GDPはあてにならないことが多いです。

とはいえ名目GDPとはいわゆる売上額の総和ですから、どんなに実質GDPだけ上昇しても名目GDP自体も上昇しないと私たちの給料や銀行の預金などのお金は増えません。

したがって名目GDPが低いままだと

昔より貧しくはないけど給料も上がらなくて寂しい生活ね

となるわけです。

投資の際は見方を育てる

ということで今回はGDPそのものとGDPで景気の良し悪しを判断するやり方について説明しました。

GDPには”名目GDP”と”実質GDP”の2種類があり、どちらも重要な数値であり、見方を変えると違った景色が見えてきます。

GDPに限らず、投資を行う際には1つの数字だけで安易に判断するのではなく、いろいろと見方を変えながら物事を判断する「目」を育てることが重要です。

投資に興味があるけど、何をすればいいか分からない、どう考えればいいか分からないという方は是非一度当社のファイナンシャルプランナーにご相談ください。

基礎から丁寧にこれからのお金のことをご説明します!

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!