住宅購入は”婚活”とおんなじだ!

”賃貸VS住宅購入”の意味

衣食住と言われるように、私たちが住む「家」は生きていくうえで絶対に欠かせないものの1つです。

人には人生の転機となるターニングポイントがいくつか訪れますが、住宅購入を考えるきっかけとして多いのは結婚やお子さん誕生のタイミングでしょうか。

「ずっと賃貸っていうのもなぁ。そろそろ家でも買うか!」

なんて一念発起して、雑誌やインターネット、ハウツー本などで情報収集してみると

賃貸派VS持ち家派!どっちがお得か!!

という非常に不毛な議論が日々展開されています。。
もう目にタコ、耳にタコができそうですね…

さらに見ていくとこれ↓↓も必ず出てくるんですけど

賃貸では資産にならない!家賃並みで家が買えるんだから購入すべきだ!

というまたも不毛なアピール。

お分かりの方もいらっしゃるかと思いますが、これは不動産会社が家を売るためのセールストークであって、私たち消費者目線に立つと非常に乱暴な押し付けにほかなりません。
私も家を売ってた時はよく言ってました。

お金のプロ”ファイナンシャルプランナー”がみなさまのご相談にお応えします!
お申し込みはこちら↓↓からお気軽に!

大切なことがごっそり抜け落ちている

どういうことかを”婚活”に例えて説明していきます。
※モテすぎて婚活なんて縁がなかったという方は、想像しながらお読みください。

たとえば、婚活を始めようとしているあなたの大切なお友達が

ねぇ、独身のままか結婚するか…どっちがいいかな?

と聞いてきたら何と答えます?

よほどどちらかに強い意思がない限り、大多数の方は

良い人がいれば結婚したら?いなければ無理してしなくていいんじゃ?

と答えるのではないでしょうか。

住宅購入も全くおんなじです↓↓

良い物件があれば購入したら?なければ無理して買わなくてもいいんじゃ?

です。

つまり、賃貸のままか住宅を購入するかという議論は、”婚活”をまだしてもいないのに、独身のほうが良い!or結婚したほうが良い!と断言しているのと同じです。

”婚活”でいう良い人。住宅購入でいう良い物件。という大切なところがごっそり抜け落ちているんです。

結構乱暴でしょう?

当社のファイナンシャルプランナーがみなさまのご相談にお応えします!
お申し込みはこちら↓↓からお気軽に!

「目標」をしっかり定めてますか?

では住宅を買うか買わないかということはどうやって判断したらいいのでしょう?

これも”婚活”に例えるとよくわかります。

あなたが婚活パーティなどに参加する際、前もってある程度のターゲットまたは目標を決めますよね?

たとえば「年収は○○万円以上」「かっこいい/可愛い」「明るい性格」などなどですね。

で、実際に相手に会ってターゲットに近ければ、誘い出したり誘いに乗ったりして仲を深めていくはずです。

住宅購入の場合はいかがですか?

とりあえず不動産屋に行って、いろいろ聞かれた挙句「あなたは○○万円までローンが組めそうです」と言われ、「せっかくだからちょっと物件見てみましょう」と案内されて、設備がどうのこうの言われて……

という方が多いのではないでしょうか。

先ほど婚活の例で出した”ターゲット”や”目標”がどこにもありません。

とどめに冒頭の

賃貸では資産にならない!家賃並みで家が買えるんだから購入すべきだ!

と言われて、家族会議が開催されるんですね。

非常に危険です。

さらにご承知の通り、住宅は購入した後で悔やんでも元には戻せません。
「住めば都」と言い聞かせて、済めばいいですが…

まずは知ることから始めましょう

ということで、住宅購入をご検討の方は不動産屋に行ったり、物件を調べる前に

自分にとって良い家

を知っておかなければいけません。

もちろん現在の収入や資産などの状況だけでなく、将来訪れる家族環境の変化、収入や仕事の変化、売る・貸すというずっと先のことまで考えたうえでの良い家です。

不動産会社に属しているファイナンシャルプランナーは、結局家を購入してもらうためのライフプランニングをするはずなので、最初の相談は独立している非販売系のファイナンシャルプランナーが良いです。
→販売系FPと非販売系FPについてくわしくはこちら

私たちで良ければどんな家なら買っても良さそうかというアドバイスをさせていただきますので、是非お気軽にご相談下さい!
お申し込みはこちら↓↓からお気軽に!

▼終活の困ったを私たちがまるごと解決します!
ご相談はお気軽に!