ヨガの時は「丹田」を意識してみよう!

丹田は「動作の中心点」

ヨガを行う時に意識したいのが「丹田」という場所です。
はっきりと目に見えないのでわかりづらいですが、「丹田」はおへその下あたりの場所です。
武道や禅を経験された方なら「動作の中心点」として耳にされたことがあるかもしれません。
立っていても座っていても仰向けでもいいですので、一度おへその下の「丹田」を意識してみてください。
おへそを意識しながらお尻の穴を”キュッ”と締めていくと「丹田」が分かりやすいかもしれません。

丹田を意識した呼吸

「丹田」が意識できるようになったら、そのままゆっくり呼吸をしてみましょう。
イメージとしてはお尻の穴を”キュッ”と締めて息を吐き、”ホッ”と緩めて息を吸うイメージです。
秒数に決まりはありませんが、2~3秒間息を吸い、15秒くらいかけて細長い息を吐きだすと良いでしょう。
これを毎日何度か繰り返していくと「あ!ここかも」という発見があるかもしれません。

1.力まず静かに座る
2.背筋をスッと伸ばして足や腰、おなかを意識する。
3.お尻の穴を”ホッ”と緩めて息を吸い
4.お尻の穴を”キュッ”と締めて息を吐く

反復することで分かるように

いかがですか?
最初はよく分からないかもしれませんが、日常生活の中でおへその下あたりの「丹田」を意識することでみなさまなりの呼吸法が見つかるはずです。
ぜひ毎日何度か繰り返してみてくださいね!

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!