相続財産の承認と放棄

相続資産を受け取りますか?

相続は大切なご家族が亡くなった瞬間にあらゆる情報収集と速やかな決断が求められます。
今回はどういう場合に承認または放棄するべきなのかについて説明しています。
なお当社では相続についてのご相談も承っていますので、どうぞご活用ください。
相談へ進む

法定相続人とは?

相続が発生した場合に相続の権利がある人が民法で定められていて、この権利のある人を”法定相続人”といいます。
“法定相続人”は旦那さんや奥さん等の配偶者のほか、亡くなった方のお子さん(直系卑属)両親、祖父母(直系尊属)兄弟姉妹も相続人となります。
さらに、死亡時にお子さんや両親が亡くなっている場合は、代襲相続といってその次の代が相続することになります。

内縁の妻や事実婚の場合は?

先ほど書きましたように、旦那さんや奥さんなどの配偶者は常に相続人ですが、あくまでも法律上の配偶者のみです。
事実婚や内縁の奥さんなど婚姻届を提出していない場合は、相続人にはなれませんので注意が必要です。

3種類の承認と放棄

ご家族が亡くなって相続が発生した場合、まずは承認するか放棄するか決断しなくてはいけません。
亡くなった方の財産は預貯金や不動産など多岐に渡りますが、それらの財産・資産をどのように受けるか、または受けないかということです。
承認や放棄には“単純承認”と”限定承認”そして”相続放棄”の3種類があります。
ちなみに”限定承認”と”相続放棄”の期限は3か月(※)ですから、3か月以内に手続きを行わなければ、自動的に単純承認したものとみなされます。
※厳密には自分が相続人であることを知ってから3ヶ月以内です。
“限定承認”や”相続放棄”が必要な場合は、3か月以内に手続きを行いましょう!
それでは3種類の相続の受け方を詳しく見ていきます。

単純承認

ほとんどの場合がこの単純承認になるかと思います。
単純承認とは亡くなった方のすべての資産を承認し、権利や義務を承継することです。
資産といっても預貯金などのプラスの資産だけでなく、借金やローンなどのマイナスの資産も含まれます。
したがって亡くなった方の資産のうち、プラスの資産よりもマイナスの資産が多かった場合は、相続を受けた側が借金等を返済する義務を負うことになります。
先ほど記載しましたように、単純承認の場合は特に何も手続きをする必要はありません。

限定承認

限定承認は亡くなった方の資産のうち、プラスの資産よりもマイナスの資産が多い場合に有効です。
たとえば、亡くなった方に1000万円の預貯金(プラスの資産)と3000万円の借金(マイナスの資産)があった場合、限定承認を行うと1000万円分の借金だけ返済すればいいことになります。

限定承認の注意点

限定承認を行う場合は、自分が相続人であることを知ってから3ヶ月以内に相続人全員で家庭裁判所へ申し出る必要があります。
ちなみに相続人が複数いる場合、相続人の一部だけが限定承認を行うことは出来ません。
あくまでも限定承認を行う場合は、相続人全員の合意が必要です。

相続放棄

最後は相続放棄についてです。
こちらは見たまんまという感じですが、相続財産すべての権利や義務を拒絶し、放棄することです。
プラスの資産があろうが、マイナスの資産があろうが、何の権利も義務も引き継ぐことはありません。
他の家族に自分の分まで相続させたいという場合によく使われます。

相続放棄の注意点

限定承認と違い、相続人が複数いる場合でも相続人の一部だけ相続放棄することが可能です。
しかし相続放棄した場合は次の順位の人が相続人となるので、借金などのマイナスの資産が多い場合は次の順位の人に相続権が移ってしまうことに注意が必要です。
相続放棄を行う場合は限定承認と同じく、自分が相続人であることを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出る必要があります。

生命保険や退職金の相続

これまで相続の受け方について説明してきましたが、相続とは少し性質の違うお金もあります。
生命保険の死亡給付金や、会社の死亡退職金です。
これらは相続財産ではないので、もしも相続放棄や限定承認の手続きを行ったとしても受け取れる金銭ということになります。
さらに生命保険の死亡給付金や、会社の死亡退職金は、遺産分割協議をすることなく受け取ることができるのも特徴です。
ただし非課税限度額(※)を超えて死亡退職金などを受け取った場合は相続税が掛かりますから注意してください。
※”非課税限度額=500万円×法定相続人の数”です。

相続のご相談は当社へ

誰に相談したらいいか分からない

相続に必要な情報を集めてほしい

相続に関する相談は当社へお任せください!
「誰に相談したらいいか分からない!」とか「相続に必要な情報を集めてほしい!」といった相続の疑問を私たちがまるごと解決します!
▼お気軽にご相談ください!

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!