葬儀の事前相談に行く前に調べておきたいこと

葬儀社に出向いて聞くにせよ、インターネットや本で葬儀について調べるにせよ、最低限知っておきたいパーソナルインフォメーション(自分自身の情報)があります。

今回は事前相談に行く前に、最低限調べておきたい項目について書いていきます。

とりあえずこの3項目

□宗派・宗教を調べておく

外国に比べると日本は熱心に宗教を信仰している方は少ないのではないかと思います。

だからと言って、「私は無宗教だよ!」と決めつけるのは早すぎます。

同じ宗教でも宗派によって葬儀の形式が変わることも多いですから、出来る限り親せきなどに聞いて調べておきましょう!

□”連絡してほしい人リスト”を作る

最近は「家族に負担を掛けたくない」という理由で、一般葬より安い家族葬や直葬を希望される方が多いようです。

でも本当に家族葬や直葬の方がご家族の負担は減ります?

たとえば

・個人の希望通りに直葬にしたら、親せきに怒られた

とか

・家族葬で香典収入が少なく、結局安く済まなかった

などなど、イメージと現実がズレることがよくあります。

ですからご自身で勝手に「直葬でいい!」と決めるのではなく、旅立った時に”連絡してほしい人リスト”を作っておくのです。

そうすれば、招くべき予定人数が決まりますから、直葬・家族葬・一般葬の中で最も適切な葬儀の形式が決まりますね。

とにかく「安い」イメージだけで直葬や家族葬に飛びつかないことが重要ですよ!

□遺影に使う写真を用意する

男性に比べると女性のほうが前もって用意していることが多いようです。

みなさま、もし遺影の写真が全くなければ、免許証や社員証の写真を使われちゃいますよ!

ご自身は良くても、見送る家族やお友達にも見られるんですから、どんなに写真に撮られることが嫌でも、1枚くらいはキリッとした遺影用の写真を用意しておきましょう!

その他、細かいことはゆっくり決めていきましょう。

エンディングノートを書きながらだとはかどりますよ!

エンディングノートの書き方についてもまとめてあります↓↓

→(参考)エンディングノートの書き方

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!