「いい葬儀」を行う最善の方法

どれが「いい葬儀」だと思います?

突然ですが、「いい葬儀」ってどんなものでしょう?

例えば…

相場より安く済む葬儀

故人の想いにぴったり沿った葬儀

故人が生前お世話になった方を多く呼んだ賑やかな葬儀

などなど、人それぞれ「いい葬儀」の基準は違うかと思います。

大変月並みで申し訳ありませんが…上に挙げた例や、みなさまが思い浮かべた葬儀は全て「いい葬儀」です。

結局、「いい葬儀」なんて明確な基準なんかありませんから、見送る方々が「いい葬儀だったね」と思えば、それがまさに「いい葬儀」なんですね。

その時はその時?

では、もしもみなさまの大切な方が旅立ってしまった場合、みなさまが思い浮かべる「いい葬儀」を行う自信はありますか?

と、伺うとかなり多くの方が

まぁ今のところ予定ないし、その時はその時!

家にチラシ入ってたから、そこに相談すれば大丈夫、たぶん

というような反応になります。

みなさまはいかがですか?
確かに、人はいずれ死ぬとはいえ、大切な方が亡くなるなんて考えたくもないですよね。

分かります。

でもね、葬儀の費用って想像以上に複雑ですし、大切な方を亡くした動揺の中でテキパキ物事を進めるのは無理です。

 

知識を持つことが最善

ですから、予定がないとしても、出来るだけ早いタイミングで

“「いい葬儀」をする知識”

だけは持っておいてください。

知識さえあれば、使わないなら使わないでいいですし、ご家族やお友達が困っていればアドバイスもしてあげられます。
少し長くなりましたが、「いい葬儀」を行うただ1つの方法は

事前に知識を得ておくこと

です。

もしも

葬儀屋に行くのは不吉だ

とか

予定もないのに、変な営業をされたくない

という場合は、当社にご相談ください。

一級葬祭ディレクターが、家に入ってくるチラシの見方や、みなさまのご希望に合った葬儀プランの見積りを作成します。

 

▼終活の困ったを私たちがまるごと解決します!
ご相談はお気軽に!