観光で行きたい!長崎市の魅力をご紹介!

長崎は歴史的にも非常に重要な都市のひとつで、江戸時代の「鎖国」時には国内唯一外国との貿易港が置かれていましたし、世界で2つしかない原子爆弾を投下された街ということでも有名です。

そんな歴史豊かな長崎市内には、日本でありながら異国情緒を感じられる観光地や、原子爆弾投下された街として恒久平和を後世に語り継ぐ建造物も多くあります。

そこで今回は異国情緒あふれる長崎市の魅力についてご紹介します!

坂、坂、坂

長崎市を路線バスや路面電車に乗って眺めていると、とにかく坂に建つ家をよく目にすると思います。

関西や首都圏で長く暮らしている方にとっては、「何でこんな坂にわざわざ家を建てるんだ!」と突っ込んでしまいたいくらい坂が多いんです!

観光地も例外ではありません。

グラバー園に行くにも、大浦天主堂に行くにも、とにかく坂を上らなければいけません。

そんな坂の多い長崎ですから普通の自転車よりも原付バイクに乗る人が多いようで、普通の4ケタのナンバーでは足りず長崎の原付バイクは5ケタになっているのも特徴です。

日本を代表する夜景

みなさまは「日本三大夜景(※)」をご存知でしょうか。
函館市、神戸市、そして長崎市の3つの夜景のことを指します。
※さらに夜景サミット2015で発表された「日本新三大夜景都市」でも見事得票数1位を獲得しました。

坂や山が非常に多い街ですから夜景がきれいなスポットはいくつかありますが、長崎市の夜景といえば稲佐山からの夜景が非常に有名です!

山といっても、自動車やバスで中腹まで行くこともできますし、長崎駅からバスに乗ってロープウェイに乗り換えると30分程度で頂上まで行けますから、高齢の方や運動が苦手な方でもアクセス抜群です!

異国情緒を味わう

冒頭にも記載しましたように、鎖国時も長崎だけは外国との貿易が許可されていました。

歴史豊かな長崎ですが、現在でも日本にいながら「外国」を感じられる観光地がたくさんあります!

長崎新地中華街

長崎市の中心にある中華街です。

横浜中華街などと比べると規模は小さいですが、所狭しと多くの中華料理店が軒を連ねています。

長崎駅、グラバー園、中央橋、思案橋などからも非常に近くアクセスしやすいですから、お気に入りのお店を見つけてみたらいかがでしょう。

教会

長崎は歴史的経緯からカトリック教徒も多いようで、長崎市内には数多くの教会を目にすることができます。

その中でも有名な教会が「大浦天主堂」と「浦上天主堂」です。

国内最古の教会・大浦天主堂

大浦天主堂は”中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の国内現存最古の教会で、聖堂内を飾るステンドグラスには約100年前のものもある”(注)とのことです。
注:長崎市公式観光サイト「あっとながさき」より

ちなみに大浦天主堂へのアクセスは長崎バスや路面電車を降りて坂を登る必要がありますが、グラバー園のすぐ近くにありますからグラバー園の観光と併せて見てみるのもオススメです!

原爆投下の悲劇を伝える浦上天主堂

大浦天主堂に並んで長崎の観光名所になっている教会をもう一つ。

浦上天主堂です。

浦上天主堂は原爆投下された爆心地のすぐ近くにあります。

白い外観が印象的な大浦天主堂と違い、浦上天主堂はレンガ色の外観であるのが特徴です。

爆心地から非常に近かったので建物は無残に壊れてしまいましたが、現在は再建されて美しい教会を目にすることができます。

また被爆後に一部残った遺構は松山町にある爆心地公園で保存されていますので、併せてご覧になるのもオススメですよ。

平和への祈り

多くの方がご存知の通り、広島市と長崎市は人類史上原子爆弾が実戦で使用された唯一の都市です。

長崎市内には悲惨な原爆被害を後世に語り継ぐ名所もありますので、是非みなさまの目で人間が犯した過ちを見てみることをお勧めします。

爆心地公園

市内中心部から長崎バスや路面電車に乗り、「松山町」で降りると大きな公園が目に入ってきます。

ここは1945年8月9日11時2分に原爆が炸裂した爆心地です。

浦上天主堂の遺構や原子爆弾落下中心地碑があります。

平和公園

爆心地公園から階段やエスカレーターで上に上がると平和公園があります。

平和公園の中心にある平和記念像ですが、片手が上を向いていてもう一方の手は横を指さしています。

これは”天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”という意味があるそう(注)です。
注:長崎市公式観光サイト「あっとながさき」より

非常に広々として気持ちの良い公園ですから、お散歩がてらゆったりとした気持ちで世界平和を祈るのも長崎ならではですね。

片足鳥居

長崎市内の幹線道路である206号線から少し中に入った坂本町に山王神社があります。

この山王神社、「片足鳥居」が有名です。

もともとは一般的な鳥居だったわけですが、原子爆弾のせいで倒壊し片方だけしか残りませんでした。

倒れてしまったもう片方の足や額束も保管されていますので、ここでも原子爆弾の脅威や世界平和の大切さを感じることができます。

バスならば「坂本町」停からすぐですし、浦上駅からも歩いて行けます。

ご高齢の方にもおすすめです!

長崎の魅力全てをご紹介することは出来ませんが、一部をご紹介しただけでも本当に魅力あふれる街だということがお分かりいただけると思います。

坂は非常に多いですが、観光するにあたっては路面電車や長崎バスで十分ですし、緩やかな坂も多いので運動にもなります。

さらにグラバー園や平和公園にはエスカレーターが設置されていますし、稲佐山にはロープウェイもありますので、ご高齢の方や歩くことに不安がある方でも十分に楽しめます!

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!