坂の多い長崎観光の強い味方、長崎バス

坂や山が非常に多い長崎市ですが、ご高齢の方や運動に不安のある方でも長崎市を目いっぱい楽しむ味方になってくれるのが「長崎バス」です。

長崎駅、中央橋、新地ターミナルを中心に東西南北各方面に路線網を持っています。

有名な観光地にはことごとく長崎バスが走っていますから、本当に便利ですよ!

味のあるCM

長崎バスの80周年記念と運転手募集のために作られたCMですが、非常にいい味出していますので少しご紹介します。

寒い冬、姉妹がバス停でバスを待っていて、そこに長崎バスが到着します。

「お姉ちゃん、バスも寒いとかな?」
「ブルブルってしたばい!」

長崎弁全開で妹がお姉ちゃんにしゃべりかけます。

これから姉妹は1時間かけて街へ行くようですね。
大人にとっては普通の移動でも、小さい子供たちにとっては大冒険であるという視点で描かれています。

長崎バスは観光にも便利ですが、長崎市民の貴重な足でもあることがよく伝わってきます。

興味のある方は↓一度見てみてください。

https://www.nagasaki-bus.co.jp/recruit/businfo/lp/
▲「南越のふたり」というCMです。

長崎駅から乗り換えなしで行ける場所

少し脱線してしまいましたが、長崎観光の強い味方”長崎バス”で長崎駅から乗り換えなしで行ける場所を一部紹介します。

平和公園・爆心地公園

長崎駅から多くのバスが走っています(※)。
※茂里町行では行けません。

長崎駅から10分弱の「松山町」で降車するとすぐです。

長崎新地中華街

長崎駅から「長崎新地ターミナル」行きに乗り、終点からすぐです。

中華街から思案橋や浜町にも歩いて行けます。

大浦天主堂・グラバー園

歴史豊かな長崎の異国情緒を感じられる観光地です。

長崎駅前東口から60番系統に乗車し、「大浦天主堂下」で降りるとすぐです。

大波止・出島

大波止や出島は長崎駅から近いので歩いていくこともできますが、大波止経由のバスに乗って「大波止」または「出島」で降りるとすぐです。

稲佐山

日本三大夜景の一つである”稲佐山”の頂上までバスでは行けませんが、長崎駅から3番4番系統のバスに乗り「ロープウェイ前」で降りると稲佐山の頂上まで行くロープウェイに乗ることができます。

一部ですが、長崎駅から乗り換えなしで行くことができる場所をご紹介しました。

坂の多い長崎の街を観光する方には、長崎バスがおすすめです。

おまけ

観光地でも何でもありませんが、坂の多い長崎を走る長崎バスの運転手さんの匠の技を体感できる路線をご紹介します。

2番:虹ヶ丘行き

中央橋から長崎駅を経て虹ヶ丘へ向かう路線です。

中央橋から大橋までは市内の幹線道路である206号線を走りますが、大橋から先は非常に狭く坂の多い道をひた走っていきます。

ジェットコースターのような道が続き、前から車が来ているのか来ていないのかさっぱり分からないところを上手に走っていきます。
さらに逆行きのバスともすれ違う(離合する)こともありますから、見ている方も冷や汗ものです。

どなたかがyoutubeにアップされていますので、載せておきます。

↓↓17:42から19:24あたりが特に匠の技炸裂です!

最後は長崎観光とは関係ありませんでしたが、とにかく長崎にはたくさんの魅力があります。

関西からもアクセスしやすい街ですからぜひ長崎を訪れてみてくださいね。

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!