お墓のお引越し(改葬)を成功させる手順や費用、手続きまとめ

「改葬」とは

突然ですが、みなさま改葬ってご存知ですか?
あんまり聞きなれない単語ですよね。
改葬と書いてそのまま「かいそう」と読みます。
改葬とは遺骨を新しいお墓へ移して埋葬し直すことをいいます。
一言でいうと、お墓のお引越しのことです。

「改葬」って誰がするの?

ではどういう方が改葬を検討されるのでしょう?
たとえば
ふるさとの両親が亡くなってしまったので、もうふるさとに帰ることがない。
お墓参りに行きたいけれど、今の住まいが実家から遠くお墓参りの時間が取れない。
一人娘が嫁に行ってしまい、お墓を継いでくれる人がいなくなったので、永代供養墓に移したい。
などなど。
上記は一例ですが、今あるお墓を将来維持し続けることが難しい場合は改葬を検討したほうが良いこともあります。
ただし賃貸住宅の引っ越しとは違い、お墓の引っ越しはそう簡単なものではありません。
ということで今回は、改葬を失敗させないために、進める手順や掛かる費用などあらかじめ知っておきたいことをまとめていきます。

改葬の手順

改葬の手順を大まかにまとめると、下記のような流れになります。
・新しいお墓の用意
・既存のお墓の改葬手続き
・既存のお墓の御魂抜き、墓石の撤去
・新しいお墓の事務手続き
・新しいお墓の開眼法要、納骨
この5ステップです。
詳細な手順については↓↓こちらの記事をご覧ください。

初めてのお墓のお引越し(改葬)はまず手順を把握する!

改葬にかかる費用

つづいて改葬にかかる費用も簡単にまとめておきます。
ちなみに既存のお墓や新しいお墓の管理形態などによっても大きく変わるので、この記事は参考までに見ていただき実際はお墓の管理者さん等にしっかり確認してください。
→困ったときはまず私たちへご相談ください
・既存のお墓の墓石処分や、更地にするための費用
・既存のお墓の御魂抜きの法要費用
・新しいお墓を建てる建墓費用や、使用料など
・新しいお墓の開眼および納骨費用
・事務手続きのための費用
・そのほか交通費などの経費
大まかには上記の費用が掛かります。
ただし先ほど書きましたように、宗派やお墓の管理形態によっても細かく変わってきますから、実際は今あるお墓の管理者さん等に確認してください。
▼私たちにご連絡いただければ、大体の費用についてお答えします。

改葬に必要な書類手続き

書類の形式は自治体などにより異なりますが、用意すべき書類はそんなに変わりませんので、お忘れ物がないようにあらかじめ確認しておきましょう!
↓↓こちらで改葬に必要な書類や、手続きの流れを解説しています。

お墓のお引越し(改葬)に必要な書類まとめ


以上、おおまかですが今回はお墓のお引越し(改葬)について解説しました。

今回のまとめ

改葬するには
まずどのような手順を踏むかを把握して、大まかな予算を立てる。
問題がないようだったら実際の書類手続きなどを一歩ずつ進める。
お墓は子々孫々まで続いていくものです。
ご自身のことだけでなく、ご先祖様やみなさまの次の代の方が喜んでもらえるような改葬をしたいものですね。
少しでも不安なことがあれば、私たちにまずご相談ください!

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!