腸内フローラとオリゴ糖

腸内お花畑!

以前、糖質についての記事を書いたのですが、今回は「オリゴ糖」について調べてみます。
(参考)「糖質」は悪者ばかりではない!

早速ですが、みなさま「腸内フローラ」って聞いたことあります?

私たちの腸内には600兆個以上の多種多様な菌が生息しているそうです。

まるでその多くの菌が花が咲き乱れるお花畑のように見えることから、お花畑や花の女神を意味する「フローラ」という言葉が使われるようになったそうです。

flora
▲腸内がお花畑だなんて、何てロマンチック!
(画像をクリックすると拡大します)

私たち<ヒト>の腸内には、多種多様な細菌が生息しており、それらはなんと、数百種600兆個以上。
特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。
顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。
ビオフェルミン製薬WEBサイトより抜粋

▼テレビCMでもおなじみの「ビオフェルミンS」

もちろん600兆個以上の細菌はすべてが良いモノでもなく、すべてが悪いモノでもありません。

腸内に生息する菌は良い子、悪い子、強い方に巻かれる子の大きく3種類に分けられます。

良い子:善玉菌

漢字通り、良い子です。

腸内に生息して私たちの健康を維持するために貢献してくれます。

代表的な善玉菌は、ビフィズス菌や乳酸菌、納豆菌など。

zendamakin
▲ビフィズス菌といえば、ヨーグルト!

▼最近は自宅でヨーグルトを作ることができる「種菌」も通販で買うことができます!

“プロバイオティクス”という言葉を聞いたことのある方もいらっしゃるかと思いますが、“プロバイオティクス”とは善玉菌によって腸内環境を改善させることを言います。

悪い子:悪玉菌

悪玉菌は文字通り、悪い子です。

具体的にどんな悪事を働くかというと、

腸内に有害物質を発生させる

腸壁を破壊する

などなど。

悪いですねぇ。

また悪玉菌は腸内をアルカリ性にすることで、私たちの免疫機能を下げてしまうんです。

悪いですねぇ。

強い方に巻かれる子:日和見菌

じつは腸内に生息する細菌で一番多いのが、この「日和見菌」

要は善玉菌と悪玉菌の強い(優勢な)方に味方するんです。

人間にもいますよね、こういう人。

hiyorimikin
▲天使のささやきか、悪魔のささやきか…

ですから私たちにとっての味方である善玉菌を優勢にさせておけば、日和見菌も勝手に付いてきてくれます。

善玉菌のエサになるオリゴ糖

ではどうやったら善玉菌を増やせるかって話になるのですが、ここで登場するのが

オリゴ糖

です。

オリゴ糖は砂糖やぶどう糖果糖液糖などと違い、単糖が多く結合したものです。

つまり摂取してもすぐには分解・消化されずに大腸まで届くんです。

さらにオリゴ糖は私たちの強い味方である「善玉菌」の大好物。

善玉菌が増えるためのエサになってくれるわけです。

オリゴ糖の摂取方法

玉ねぎやバナナのようにもともとオリゴ糖を含む食品も多くありますし、工業的に作ることもできます。

 

 

食事でオリゴ糖を摂取するのが難しいのであれば、オリゴ糖を買ってしまうのも手です。

▼日々の食事だけで「オリゴ糖を摂る自信がない!」という方は、買ってしまうのが早いですよ!

しかも砂糖に比べてカロリーも非常に低いので、良いことばかりですね!

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!