戸籍謄本と戸籍抄本の違い

戸籍とは

戸籍とは本籍地のある市町村で管理されていて、個人の出生から現在までの身分関係などが記載されています。
つまり戸籍というのは日本国民の身分を証明するものなのです。
普段はなかなか意識することはありませんが、パスポートを取得したり、結婚するとき、遺産相続の時は戸籍の情報が必要になりますので、本籍地のある市区町村役場へ出向いて受け取るか、郵送で請求します。
ただ、戸籍を証明する書類は“戸籍謄本”と”戸籍抄本”と何やら似たような違う書類が2種類。
その際に”戸籍謄本”と”戸籍抄本”のどっちを請求すればいいのか分からない方も多いと思います。
「どっちがどっちなんだよ!」とお怒りの方のために、今回は“戸籍謄本”と”戸籍抄本”の違い、そして”全部事項証明書”と”一部事項証明書”の違いについても記載しておきます。

戸籍謄本と戸籍全部事項証明書の違い

まず戸籍謄本についてですが、実は現在では戸籍全部事項証明書という名前に代わっています。
要は戸籍謄本=戸籍全部事項証明書というわけです、ややこしいですね。
ちなみになぜ同じ書類なのに呼び名が違うのかといえば、平成はじめの戸籍法の法改正で紙での管理からコンピューターでの管理に変わったのです。
つまり以前の紙の戸籍のことを”戸籍謄本”といい、コンピューター化された後の戸籍を”戸籍全部事項証明書”と分けているのです。
ちなみに役所へ申請する場合は、戸籍謄本でも戸籍全部事項証明書でもどっちで言っても伝わります。

戸籍抄本と戸籍一部事項証明書の違い

戸籍抄本と戸籍一部事項証明書も同様に、紙管理の時が戸籍抄本でコンピューター化された後が戸籍一部事項証明書と呼び名が分かれているだけで、戸籍抄本=戸籍一部事項証明書というわけです。

戸籍謄本と戸籍抄本の違い

さて戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)と戸籍抄本(戸籍一部事項証明書)の違いですが、簡単に言うと
戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)は、戸籍に載っている全員の記載事項があるもの

戸籍抄本(戸籍一部事項証明書)は、特定の個人の情報のみ記載されたもの
という違いです。
用途の違いとしては、戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)は、相続手続きや、婚姻届、離婚届、転籍届の提出の時に必要です。
また、戸籍抄本(戸籍一部事項証明書)はパスポート申請の際の本人確認の時に必要です。

戸籍の取り方

それでは戸籍情報が必要な場合に、どこにどんな手続きをすれば良いのでしょう?

戸籍の請求が出来る人

まず戸籍情報は個人の出生から現在までの身分情報が記載された個人情報の塊です。
したがって本人や配偶者、直系の親族以外が戸籍情報を請求するには、正当な理由が必要です。(戸籍法第10条、10条―2)

役所の窓口で受け取る

戸籍情報の請求は本籍地の市区町村役場に出向き、書類の請求書(役所の窓口やネット上にあります)と身分確認書類を提出し、決められた手数料を支払えば手に入ります。

郵送で請求する

また本籍地が遠く行くのが面倒な場合は、郵送での申請も可能です。
郵送での申請の場合は、書類の請求書と本人確認書類の写し、手数料(※)と返信用の切手付き封筒を同封します。
※郵送の場合の手数料の納付は郵便局発行の定額小為替が必要で、切手や収入証紙等では手数料として受領してくれませんから注意が必要です。

コンビニで受け取る

そのほかマイナンバーカードを持っていれば、コンビニで手に入れることのできる市町村もありますし、役所の出張所で受け取れる市区町村もあります。
参考:コンビニで戸籍が受け取れる市町村の確認はこちら
一度電話で役所へ確認しておくと無駄もなくスムーズです!

相続のご相談は当社へ

誰に相談したらいいか分からない

相続に必要な情報を集めてほしい

相続に関する相談は当社へお任せください!
「誰に相談したらいいか分からない!」とか「相続に必要な情報を集めてほしい!」といった相続の疑問を私たちがまるごと解決します!
▼お気軽にご相談ください!

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!