いま話題のメモリアルムービーって何?

お葬式でも動画?

結婚式では来訪してくださった皆さまへ感謝の気持ちを伝えたり、新郎新婦のなれそめをストーリ調で紹介する動画はおなじみですね。
最近ではお葬式でも故人の生前の活躍を振り返ったり、故人自らが元気なうちにお世話になった方々へ感謝の気持ちを伝える動画を葬儀会場で上映することが話題になりつつあります。
ではなぜお葬式で動画を流すことが増えてきたのでしょう?

お葬式は”小さく、安く”

インターネットで「葬儀」と調べると、目につくところには必ず”格安”とか”安い”というキーワードが表示されます。
一昔前であれば、故人の趣味がサーフィンだったりすると、波をかたどった祭壇を作ったり、
お花が好きだった方であれば、好きだったお花を祭壇一面に飾ったり…
「最期くらい盛大に」とそれはもうお金をたくさん掛けてとにかく派手に送り出すというのが主流でした。
しかしながら現代ではお葬式はとにかく”小さく”そして”安く”というのが都会を中心に主流になりつつあります。
とはいえ小さくて安いお葬式ってすごく簡素で、寂しくなりがちです。

“メモリアルムービーであたたかいお葬式を演出

そんな場合に故人の活躍を振り返るメモリアルムービーを作成することで、無駄なお金を掛けることなくオリジナリティあふれるあたたかいお葬式が出来るというわけです。
さらにメモリアルムービーを葬儀会場で流すことにより、見送るご遺族が参列してくださった方にの感謝の気持ちを伝えることも可能です。
メモリアルムービーは数枚の写真さえあれば作ることができますし、豪華な花祭壇を作ることに比べれば格段に低価格で製作ができます。
つまりメモリアルムービーは低価格でありながらオリジナリティあふれるあたたかいお葬式の両方を実現することができるわけです。

メモリアルムービー制作

制作費用3万円

→詳しく見る

税別3万円

映像制作のプロが、迅速に格安で素晴らしいメモリアルムービーを制作します。
▼お気軽にご相談ください!

“終活”の一般化

最近ではテレビや雑誌、インターネットでも”終活”という言葉をよく目にするようになりました。
昔は「あらかじめ自分の最期を準備するなんて不謹慎だわ」という感じでしたが、逆に今は「家族に迷惑をかけないように、あらかじめ準備しておこう」という風潮が高まっています。
その「終活」の一環として元気なうちに遺影の写真を撮ったり、葬儀の会葬者に感謝の気持ちを伝える動画を撮影しておくこともあるようです。
smile-senior

メモリアルムービーの良いところ

メモリアルムービーを作る際は、撮りだめた写真や映像を使うだけでなく、旅行がてら大好きな場所へ行って撮影してみたり、幼年期や独身時代の思い出の場所をたどってみるのも良いかもしれません。
少しずつでも動画で撮影しておけば、それらを切り貼りして1本の”自分史ムービー”にすることもできますよね。
もちろん”自分史ムービー”は残される家族にとっても良いことです。
命日や親せきの集まりの際などに繰り返し見ることができますし、暗くなりがちなお葬式会場でもご家族に代わってご自身で感謝の気持ちを伝えることができます。
いかがでしょうか。

メモリアルムービー制作

メモリアルムービーはお金をあまり掛けたくないが、故人への活躍をたたえてあげたい!というご家族自分自身の葬儀に来ていただいた方に直接感謝の気持ちを伝えたい!という「終活中」の方にもぴったりです。
わたしたちはこれまで法人向けに動画制作を行ってきましたが、そこで培ったノウハウを存分に発揮して“世界に一つだけのメモリアルムービー”を早く、格安で制作します!
ご相談だけでも無料ですので、ぜひ今すぐお問い合わせください!

メモリアルムービー制作

制作費用3万円

→詳しく見る

税別3万円

映像制作のプロが、迅速に格安で素晴らしいメモリアルムービーを制作します。
▼お気軽にご相談ください!

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!