既婚でも結局は「おひとりさま」

女性のほうが約6年も長生き!

「おひとりさま」と聞くと

結婚の縁がないまま年をとった

とか

泣く泣く離婚して独りぼっちになった

という印象を抱く方も多いかと思います。

しかしながら幸せな結婚生活を送っていたとしても、普通はどちらかが先に旅立ちます。

厚生労働省が発表した「平均寿命の国際比較」によると

2015年における男女の平均寿命

男性が80.79歳

女性は87.05歳

となっています。

つまりデータ通りいけば、女性のほうが約6年も長く「おひとりさま」が続くというわけです。

(出典)平均寿命の国際比較-厚生労働省

娘、息子がいるから大丈夫!?

もちろんお子さんがいれば、ご主人や奥様が先に旅立ったとしても安心のような気がします。

しかしながら、昔のように

子供が家業を継ぐ

ということがない限り、お子さんが都市に出て仕事をしていることが多いかと思います。

そうなると1年間で会う機会も少なく、”いざ”というときにすぐに駆け付けることも難しいです。

ずっと付き添って介護をしてもらうのはいよいよ困難ですね。

お孫さんに会えるのは月に何回ありますか?

結局はいつかは「独りぼっち」に

すなわち現在どんなに幸せな結婚生活を送っていようとも、結局いつかは「おひとりさま」になるということは絶対に覚悟しておかなければいけません。

さらに日進月歩で医療技術が向上しており、寿命もこれからどんどん延びていきますよ。

子供が助けてくれたら儲けもん

あの人より先に逝けたら儲けもん

くらいに考えておかないと、いざ「おひとりさま」になったときに後悔します。

早いうちに「近所の他人」を作っておく

冒頭でデータを紹介しましたが、男性と女性とで平均寿命は6~7年変わります。

ということは、同性で同年代のお友達を作っておけば、データ上は同じくらいの時期に旅立つことになるわけです。

職場や学生時代のお友達のほかに、「近所の他人」を作っておきましょう!

もちろん人間ですから、合う合わないということもありますが、早いうちに友達作りをすればするほど、お友達を吟味する時間が残されています。

お友達作りに「待ち」は禁物ですよ。

みなさま自身から早速アクションを起こしてみましょう!

 

▼終活の困ったを私たちがまるごと解決します!
ご相談はお気軽に!