「もしかして…」と思った時のカンタン認知症チェック!

認知症も早期発見がカギ

認知症は特別な病気ではありません。

でも「最近おかしいけど、まあいっか」と放置していると、認知症の発見が遅れ、気づかぬうちに症状が進行してしまうかもしれません。

かかりつけの病院などに気軽に行くことが出来ない方のために、「もしかして認知症…?」と思ったときにこの簡単なチェックリストをご用意しました!

10項目だけなので、すぐに終わりますよ。

認知症チェック10項目

家族みんなで、今すぐチェック!

□今日がいつなのか、日付や曜日がわからない。

□お友達やご家族との約束の日にちや場所を忘れたり、間違えたりすることが増えた。

□しまい忘れ、出しっぱなしにすることが多く、常に探し物をしている。

□財布などの自分の持ち物を盗まれたと、人のせいにすることがある。

□些細なことでイライラし、怒りやすくなった。

□同じことを何度も言ったり聞き返したりすることが増えた。

□お金の計算ができないので、面倒になっていつもお札で支払うようになった。

□駅から自宅までなど、慣れた道でさえ迷ってしまうことがある。

□気持ちが常に沈んでいる。

□周りの人や物事に無関心になった。

以上、10項目の簡単チェックでした。

いかがでしたか?

上記のうち1つでもチェックが入ったら、なるべく早くかかりつけの病院や地域包括支援センターへ相談したほうが良いですよ!

お近くにかかりつけ病院がない場合や、ご自宅の近所の相談窓口が見つからない場合は、できる限り探しますので、ぜひ我々にご相談ください。

※この記事は箕面市医師会様が発行しておられる「みのお認知症相談マップ」を参考に作成しました。

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!