申請を忘れずに!葬儀後にもらえるお金

申請を忘れずに!

大切な方を天国へ見送るには非常にお金がかかりますが、葬儀後に”申請すれば”もらえるお金もあります。
注意点としては喪主などが申請をしなければお金はもらえないという点。
つまり、勝手にみなさまの口座に振り込まれることはありません。
生前に加入している健康保険によってもらえるお金や申請方法が違いますので、今回は国民健康保険の場合とそれ以外の場合を分けてご紹介します。

葬祭費とは

国民健康保険であれば葬祭費

故人が国民健康保険に加入していた場合は、お住まいの自治体から葬祭費が支給されます。
[申請期限] 葬儀の日から2年以内
[支給される金額] 1~8万円(市町村によって差がある)
[受け取れる人] 喪主または実際に葬儀を執り行った人
[申請に必要な書類] ・国民健康保険葬祭費支給申請書
・国民健康保険証
・お葬式の領収書

「親切なお葬式」

葬儀でお困りの場合は「親切なお葬式」へ今すぐご相談ください。
「何とか費用を抑えて素晴らしい葬儀をしたい」とか「お花や安置場所など譲れないこだわりがある」といったご要望に、私たちがどこまでも親切丁寧にお応えいたします!
▼詳細や対応地域はこちら
親切なお葬式

埋葬料とは

社会保険の場合は埋葬料

故人が会社員など、国民健康保険以外の健康保険に加入している場合は申請することにより埋葬料が支給されます。
[申請期限] 死亡日から2年以内
[支給される金額] 一律5万円
[受け取れる人] 喪主または埋葬を行った家族
[申請に必要な書類] ・健康保険埋葬料(費)支給申請書
・健康保険証
・埋葬許可証または死亡診断書のコピー
・お葬式の領収書

「親切なお葬式」

葬儀でお困りの場合は「親切なお葬式」へ今すぐご相談ください。
「何とか費用を抑えて素晴らしい葬儀をしたい」とか「お花や安置場所など譲れないこだわりがある」といったご要望に、私たちがどこまでも親切丁寧にお応えいたします!
▼詳細や対応地域はこちら
親切なお葬式

埋葬費とは

埋葬料を受けられる方がいない場合は埋葬費

上記の埋葬料を受け取れる方がいない場合は
実際に埋葬を行った方に埋葬料(5万円)の範囲内で実際に埋葬に要した費用が「埋葬費」として支給されます。
[申請期限] 死亡日から2年以内
[支給される金額] 5万円の埋葬料の範囲内で、実際にかかった費用
[受け取れる人] 実際に埋葬を行った人
[申請に必要な書類] ・健康保険埋葬料(費)支給申請書
・申請者の戸籍謄本または住民票
・埋葬許可証または死亡診断書のコピー
・お葬式の領収書

「親切なお葬式」

葬儀でお困りの場合は「親切なお葬式」へ今すぐご相談ください。
「何とか費用を抑えて素晴らしい葬儀をしたい」とか「お花や安置場所など譲れないこだわりがある」といったご要望に、私たちがどこまでも親切丁寧にお応えいたします!
▼詳細や対応地域はこちら
親切なお葬式

家族埋葬料とは

被扶養者が亡くなった場合にも、申請を行うことにより家族埋葬料が支払われます。
[申請期限] 死亡日から2年以内
[支給される金額] 一律5万円
[受け取れる人] 被保険者
[申請に必要な書類] ・家族埋葬料支給請求書
・被保険者証
・埋葬許可証または死亡診断書のコピー

以上、今回は葬儀後に”申請すれば”支給されるお金をまとめました。

何度も書きますが、これらのお金は申請しなければ受け取ることができませんので、できれば葬儀後に健康保険証を返却するときに同時に申請するとよいでしょう。

それが難しい場合は、葬儀社などの専門業者にサポートを依頼すると失念することがなく安心です。

「親切なお葬式」

葬儀でお困りの場合は「親切なお葬式」へ今すぐご相談ください。
「何とか費用を抑えて素晴らしい葬儀をしたい」とか「お花や安置場所など譲れないこだわりがある」といったご要望に、私たちがどこまでも親切丁寧にお応えいたします!
▼詳細や対応地域はこちら
親切なお葬式

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!