“墓じまい”とは

そもそも”墓じまい”って何?

最近テレビや雑誌などで“墓じまい”という単語を聞く機会がありませんか?
“墓じまい”という単語だけ聞くとなんだか寂しい気もしますが、実はご家族やご先祖様のことを大切に思っている方ほど”墓じまい”を検討する方が多いのです。
そもそも”墓じまい”とは、今あるお墓から遺骨を取り出し、別の方法で埋葬し直すことをいいます。
つまり今のお墓を”おしまいにする”ということです。

何のために”墓じまい”をするの?

では、せっかく今あるお墓で埋葬されている遺骨をわざわざ取り出して別の方法で埋葬する必要があるのでしょう?
“墓じまい”を行う理由は人それぞれですが、イメージしやすいように具体例を挙げてみます。

1.お墓の承継者がいない

お子さんがいない家庭やみんなお嫁に行ってしまったなど、先祖代々のお墓を守る方がいないと、みなさまが天国に行った頃にはいまのお墓が”無縁墓”となってしまいます。
「もう自分たちは死んでるんだから関係ないよ!」と思う方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、やはり”無縁墓”になるのが想定される場合は、元気なうちに何とかしておきたい!と”墓じまい”を検討されるケースが多いのです。
解決策としては、お墓や遺骨の承継者がいない場合、“墓じまい”をして永代供養墓に移したり、遺骨をパウダー状にして海などに散骨するなどの方法が選べます。

2.今のお墓が不便

先祖代々のお墓が今の住まいや、承継するお子さんやお孫さんの住まいから遠くにある場合は、今のお墓の”墓じまい”をして、住まいの近くの利便性の良い場所へお墓を引っ越すことも可能です。
ただしお墓のお引越しの場合は、新しく移すお墓と今のお墓の両方に気を配る必要があり、新しいお墓を建てたり今のお墓を撤収したりで、時間やお金が掛かるケースがほとんどですので、しっかり計画を立てて臨むことが重要です。

3.1つにまとめたい!

たとえば1人娘さんがお嫁に行ってしまった場合、旦那さんの家のお墓と元の家のお墓の両方を守って行く必要があります。
ご夫婦の実家がすごく近いとかで2つのお墓を守ることに無理がなければ良いんですが、現実はなかなかそう上手くいきません。
仮に今の代がしっかり守れても、お子さんの代やお孫さんの代になってもずっと守り続けなければいけないわけです。
このような場合は、どちらか(または両方)のお墓を”墓じまい”して、永代供養墓や納骨堂などにまとめてしまうという手があります。

まずは相談を!

などなど、代表的な例を3つご紹介しましたが、核家族化の増加などで昔と比べると私たちのライフスタイルは大きく変化しています。
将来お子さんなどに迷惑を掛けたくないからと、何の計画もなく”墓じまい”をしてしまうのは後悔のもと!
「本当に墓じまいをしたほうが良いのかな?」とか「墓じまいって結局いくら掛かるのかな?」「今の住まいから利便性の良いところにお墓って建てられるのかな?」なんて分からないことはまず私たちにお気軽にご相談ください!
みなさま1人ひとりのご事情にあった”墓じまい”をご提案いたします!
▼”墓じまい”のご相談はまず私たちまでどうぞ!

▼終活の困ったを私たちがまるごと解決します!
ご相談はお気軽に!