エンディングノートに葬儀のことを書く

昔と違って、「自分自身で葬儀に備える・決めておく」ということも珍しいことではありません。

完ぺきではなくても結構ですから、ご自身の葬儀についての意向をご家族に伝えておきましょう!

目的

一般的に葬儀に慣れている方は少ないですから、いざ大切な家族の葬儀になるとどうすればいいのか悩むものです。

しかも葬儀は亡くなった悲しみにくれるなかで即座に準備しなければなりません。

もしもみなさまの希望が残されていれば、残されたご家族も迷いなく最後の別れの準備を進められます。

みなさまの「希望」とご家族の「想い」がぴったり重なった素晴らしい葬儀ができるように、しっかりと書いておきましょう。

書き入れること

※複数に回答してもOKです。

□葬儀の規模

・盛大に行ってほしい。

・世間一般の規模で行ってほしい。

・家族や特に親しい友人だけで行ってほしい。

・家族だけの小規模を希望する。

・葬儀は行いたくない。

・あなた方に任せます。

□葬儀会社

・もう決めてますから、連絡だけお願いします。

・入会している会員や互助会がある。

・葬儀を行ってほしい葬儀社がある。

・ですから葬儀はしなくて結構です。

・あなた方に任せます。

□葬儀費用

・用意してあるので、その範囲内でお願いします。

・入会している会員や互助会があるので、相談してください。

・用意してあるけれど、できるだけ低予算で済ませてください。

・用意していませんから、あなた方に任せます。

□香典

・ご参列いただく方にお任せします。

・固辞させていただきます。

 

いかがでしたか?

なかなかスムーズに書くことは難しかったのではないでしょうか。

みなさまがわからないということは、残されるご家族も分からないのかもしれません。

みなさまがお元気なうちに分からないことは解決しておきましょう!

ご相談は当社へお気軽にどうぞ!

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!