仏壇の意味と種類

お仏壇とは

 

仏壇とは単にお位牌や仏具を置く場所ではなく、あくまでも仏様やご先祖様を祀る場所です。

ですからお仏壇の内部は寺院の内陣と同じように作られており、その中心に「本尊」が祀ってあるわけですね。

honzon02
▲本尊様が中心です!
(クリックすると画像を拡大できます)

寺院の内陣でもお仏壇の内部でも、その周りには思わず息をのむような彫刻や仏像が配置されています。

butsuzou04
▲丁寧なつくりの仏様
(クリックすると画像を拡大できます)

だからお仏壇とは「家の中のお寺」だ、と言われることが多いのです。

 

お仏壇の構造

 

それでは今回は普段あまり考えることのないお仏壇の構造について本尊を中心に少しご紹介します。

 

冒頭でも書きました通り、お仏壇の中心には「本尊」が祀ってあります。

honzonsama01
▲クリックすると画像を拡大できます

本尊を安置するものを「須弥壇(しゅみだん)」といい、仏さまが住むといわれる高峰、須弥山(しゅみせん)を意味します。

須弥壇の上には厨子(※1)や宮殿(※2)があります。

この厨子や宮殿はお仏壇の中でも特に丁寧に作られており、複雑な彫刻も細部まで見事なものになっています。

宮殿のさらに上には鳳凰や龍、天女などが彫刻された欄間があり、天空にふさわしい絵柄が選ばれます。

 

※1:厨子とは仏具の中でも仏像などを祀る屋根と台座付きの収納具です。

※2:宮殿(くうでん)とは本尊を祀る屋根組みです。

 

実は基本的に仏壇自体は宗派による区別はありません。

宗派によって呼び方が変わったり、仏壇の飾り方が変わるだけです。

 

お仏壇の種類

 

伝統的なお仏壇には「塗り仏壇(金仏壇)」と「唐木仏壇」の2種類があります。

先ほどお仏壇自体は宗派による区別はないと書きましたが、地域によって使われる仏壇の種類が変わるようです。

塗り仏壇(金仏壇)は主に北海道、近畿、中国、九州地方に多く

gold-butsudan01
▲金仏壇
(クリックすると画像を拡大できます)

唐木仏壇は東北、関東、四国地方に多いそうです。

karaki-butsudan02
▲唐木仏壇
(クリックすると画像を拡大できます)

ただしあくまで傾向ですので、必ず上記の通り購入しなくてはいけないわけではありません。

 

・塗り仏壇(金仏壇)

「金仏壇」の文字通りヒノキやスギなどに漆を塗り重ね、最後に金箔で仕上げられた仏壇です。

漆塗りの回数や仕上げ方により価格の幅が大きいことも特徴です。

また「お洗濯」といういわゆる”クリーニング”を施すことにより、新品同様の輝きを長続きさせることができます。

butsudan-cleaning
▲クリックすると画像を拡大できます

・唐木仏壇

唐木仏壇は黒檀や紫檀などの木材から作られ、金箔などは使わず銘木の木目の美しさそのままを生かした仏壇です。

木材の質や、彫刻の精巧さにより価格差が出てきます。

黒檀と紫檀では色合いが異なりますので、ご自身のイメージやお部屋にぴったり合うお仏壇を見つけられます。

karaki-butsudan01
▲クリックすると画像を拡大できます

またお仏壇を置くお部屋の広さや構造に合わせるため、一般的に下の3つの型があります。

 

・床置き型(重ね型)

一間や半間のスペースにぴったり収まる床に直接置く仏壇です。

下には収納スペースがありますので、お線香やろうそくなどの保管に便利です。

 

・地袋型

床置き型(重ね型)と内部構造は同じですが、地袋という小さな戸棚の上に置く仏壇です。

一般的には半間用のものが多いです。

 

・上置き型

非常にコンパクトな仏壇です。

スペースの都合で重ね型を置けない場合に、タンスや棚の上に仏壇を置くことができます。

ただしあまり低いところに置くと、仏様を見下ろすことになってしまいますので、置き場所には注意しましょう。

 

いかがでしょうか。

 

今回は自宅で仏様やご先祖様を祀る「仏壇」内部の意味合いや、スタイル・大きさ別の仏壇の種類を説明しました。

仏壇を購入する際はお住まいの地域や宗派、ご自宅のスペースなどを考えて生活スタイルにぴったり合うお仏壇を選びたいですね。

そうだ!相談しよう!

ちょっと聞きたい!

相談したい!

終活の"困った"は私たちがまるごと解決します!
▼ご相談はお気軽に!